読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

omnibons.net

おむにぼん。本/映画//感想

「どこまでが疑問詞節なのか」

英語学習用資料

 whoやwhatなどの疑問詞は、疑問文として「だれが~か?」「何が~か?」などの5W1Hの疑問文をつくるだけでなく、平叙文の語順で5W1Hの内容を表す名詞節をつくります。
 文中で疑問文の名詞節が出てきた場合、問題になるのは「疑問詞から、文のどこまでが疑問詞節なのか」です。
 結論からいえば、疑問詞節は、
「疑問詞」+「動詞」+「その動詞が必要とするすべての要素」ー「その疑問詞が問う内容」
の以上がすべて揃ったところで終わります。
「動詞が必要とするすべての要素」とは、主語はもちろん、動詞が他動詞である場合は目的語や、必要な前置詞です。

疑問詞 疑問詞の意味 =疑問詞節の中には○○がなく、 ということは「ないもの以外のもの」は全てある はずだから、左欄のものが揃ったら節はおしまい!
who 誰が =主語がなく、 動詞(+目的語)(+副詞)がすべてある。 例)Who Killed Cock Robin 誰がこまどり殺したの
whom 誰を =動詞の目的語になる「人」がなく、 主語+動詞(+副詞)がすべてある。 例)with whom you will be married 君が誰と結婚するのか ※疑問詞節の最後に来るはずの前置詞は、疑問詞の前に置くことが出来る。
which 「どの名詞が」※直後に名詞が来る =動詞の目的語になる「モノ」がなく、 名詞+主語+動詞((+副詞) 例)which ways you will choose 君がどの道を選ぶか
what ①何が =動詞の主語になる「モノ」がなく、 動詞(+目的語)(+補語)(+副詞)がすべてある。 例)What will happen in the future can be understood by only the God. 将来何が起こるかは神にしかわからない。
what ②何を =動詞の目的語になる「モノ」がなく、 主語+動詞(+目的語②)(+副詞)がすべてある。 例)What we do is not just determined by our will. 私たちが何をするかは、純粋に私たちの意志によって決められるのではない。
how 「どのように」 =文を修飾する副詞がなく、 主語+動詞(+目的語)などの完全文の要素がすべてある。 例)how we act and how we do it are not determined by our will. 私たちがどのように振る舞うか、そして私たちがどのようにそれをするかは、純粋に私たちの意志によって決められるのではない。※上の文章との違いに気をつけてください。