読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

omnibons.net

おむにぼん。本/映画//感想

【英語学習用資料】 thatの用法一覧

 英単語that にはたくさんの使い方があります。それぞれ使い方によって、thatじたいの意味や、そのあとに続く単語の種類や文章の構造がことなってきます。この表を使って、それぞれのthat を見分けられるようになりましょう。

- その前の単語 that そのあとの内容 訳し方 備考
1. - that 名詞
(無冠詞)
「あの(名詞)」 指示形容詞のthat
(名詞と結びつき、
全体として名詞節をつくる)
例)That boy is my son. あの男の子はわたしの息子です。
1. - that - 「あれ」「あのこと」 指示代名詞のthat
単独で名詞の働きをし、
主語にも目的語にもなりうる
例)That is all. あれが全部です.
1. 特定の他動詞
(~を示す、~と信じる)
that 完全な文. 「(that以下の文)ということ」 (しばしば省略される)従位接続詞のthat(全体として名詞節をつくる)
例)This example shows that she is a great writer. この例が彼女が偉大な作家だということを示している。
1. 先行詞 that 先行詞の要素の欠けた文 「(that以下の内容)である先行詞」 (しばしば省略される)who,whichの代理(関係代名詞のthat)
(that節全体としては、先行詞を修飾する形容詞節をつくる)
例)I lent him one of the most interesting books that I have read during this summer vacation. ことしの夏休みに読んだうち最も面白い本のひとつをかれに貸した。
1. 特定の名詞
idea, news, claim, story,,,,
that 完全文 「(that以下の内容)という名詞」 同格のthat
(前の名詞とthat節以下の完全文とでひとつの名詞節をつくる)
例)The news that he died made me sad. かれが亡くなったとの知らせはわたしを悲しくさせた。
1. The
主語になる特定の名詞
+be動詞
that 完全文. 「(主語になる特定の名詞)は、
(that以下の内容)
ということです」
同格のthat
(主節SVCのCになる)
例)The problem is that it had lost. 問題はそれが失われてしまったということです。
1. It is 形容詞 that 完全文. (おそらく省略はされない)「(that以下の内容)というのは
(形容詞)です」
真の主語になる
名詞節をつくるthat
例)It is true that he don't know it. かれがそれを知らないというのは本当です。